むずむず脚症候群 症状

むずむず脚症候群 症状

 

むずむず脚症候群脚の症状には、下記の症状があります。足の奥の方に気持ち悪い感じがして、なかなか寝つけなかったり、目が覚めてしまったりする。

 

また、その感覚のせいで十分な睡眠時間がとれずに日中眠くなってしまったり、疲労感を感じる。更にそれがつづき、慢性的な睡眠不足になり倦怠感を感じたり、気持ちがおち込んだり、不安になったりいらいらしたりする。さらに、夕方から夜にリラックスしている時に、脚に妙な感じがしてくるが、うごいているととその感覚はなくなってくる。長い時間座っていると足がむずむずするので、動かさずに入られなくなるなどの症状があります。

 

むずむず脚症候群の原因は、特定されていない特発性(一次性)と、他の病気や薬が原因の二次性があります。一次性ははっきりとはまだわかってはいませんが、遺伝的なもの、鉄不足/体内での鉄代謝に異常がある、ドパミン神経系の障害などと考えられています。
どちらにせよ、治療しないで放置すると、再発したり悪化したりする可能性があるので、足に違和感を感じたらはやめに病院にいきましょう。。